RESONANCE「余韻」出演(8/31)と朝日カルチャーセンター特別講座の告知

0
    RESONANCE「余韻」出演(8/31)





    和太鼓集団「鼓童」の元プレイヤー・演出家で、NYを拠点に世界で活躍する篠笛・フルート奏者、渡辺薫がプロデュースする音楽/ダンス/美術の融合体験「Kaoru Watanabe’s RESONANCE −余韻」に出演、パフォーマンスを披露します。


    共演:タマンゴ(タップダンス)、D.H.ローゼン(舞台美術)、松田美緒(ボーカル;ビクターミュージック)、坂本弘道(チェロ)


    日時: 2007.8.31(金) 19:30OPEN 20:00START
    入場料: 事前受付3500円、当日4000円
    会場:六本木super deluxe
    東京都港区西麻布3-1-25 B1F tel:03-5412-0515、fax:03-5412-0516
    日比谷線六本木駅1c六本木ヒルズ出口より六本木通り沿い西麻布方面へ徒歩1分
    http://www.super-deluxe.com/ または携帯サイト:http://www.sdlx.jp/

    ご予約はhttp://www.super-deluxe.com/ または携帯専用サイト http://www.sdlx.jp/ からお申し込みください。Eメールにより確認のうえご連絡をいたします。FAX申し込みの場合はイベント名&日程、お名前、人数、電話番号またはFAX番号を明記の上、03-5412-0516へ送信ください。イベント前日18時が締め切りです。


    朝日カルチャーセンター講座


    朝日カルチャーセンターにおいて、書家柿沼康二と出光美術館学芸員笠嶋忠幸氏が講師を務める特別講座が開講されます(2007年10月期・開講講座)。


    講座名: 「書家・柿沼康二の世界 〜 創作の舞台裏を探る 〜」
    日時: 2007年11月24日(土) 10:30〜13:00
         (2007年10月期における開講講座として)
    場所: 新宿住友ビル 朝日カルチャーセンター内
    受講対象者: 朝日カルチャーセンター会員 ・ 一般会員


    内容: 「書はアートたるか、己はアーティストたるか」を命題に活動する書家柿沼氏。大河ドラマ「風林火山」題字揮毫の秘話や独自の書活動を、聞き手に気鋭の学芸員笠嶋氏を迎え語ります。実演と鑑賞から書の可能性を探ります。


    申込:8月21日より開始

    お問い合わせ:03-3344-1947(朝日カルチャーセンター)

    柿沼康二公式サイトより


    Kaki-Webmaster


    アーティストの日常: 柿沼康二の場合

    0
      3月30日  二度目の帰国
      3月31日  母の一周忌 不二家のケーキで母ちゃん69回目誕生会
      4月1〜6日 超大作4作品収集、米国送付 リーハイ大イベント準備
             渡米中の東京の事務所しわ寄せをメンテナンス
      4月7日   大田区税務署手続き
      4月8日   NHK「食彩浪漫」雑誌6P用撮影、TY用打ち合わせ
      4月9日   栃木県某町税務署手続き
      4月13日  下野新聞連載「ぷりんすとんの風」締め切り4日過ぎて入稿
      4月13日  某有名ミュージシャンとの企画打ち合わせ
      4月14日  PC飛ぶ
      4月14〜17日 過労で寝込む
      4月17日  YOHJI渋谷西武店長とLevi's Tab Deviceへ行き、
             収蔵されている柿沼作品のチェック。
             Matsu-MTPプレミアム501を購入。マイクさんとお茶。
      4月18日  手島泰六先生から依頼された作品を湯山春峰堂へ受け渡す
             午後成田へ
      4月19日  米国帰国
             二日遅れでプリンストン大学へTaxフォームを提出
             PC修理 リフレッシュ
      4月20日  リーハイ大イベントの為、Madisonから
             親友のEthan Fassbenderが応援にくる。
      4月21〜22日 リーハイ準備 買い物 梱包
      4月23日  朝 ベスレヘムのリーハイ大へ出発
             ワイアレス不備の部屋の為一週間PC使用不可
      4月24日  高校生と大学生向け2種のワークショップ開催
      4月25日  リーハイ大ダイアモンドシアターにてブラックライトとipod、
             6曲屏風利用した90分間の前衛パフォーマンス開催
             膝を負傷
      4月26日  リーハイ大 ゲリラ・ワークショップ
             膝の負傷翌日足が動かせるようジムでリハビリ
      4月27日  リーハイ大メインエントランスで超大作パフォーマンス
             「The Eternal Now」開催 渡辺薫氏、佐藤哲也氏の
             多大なる応援があり全イベント終了。大成功を収める
             翌朝までパーティー
      4月28日  プリンストン自宅にもどる
             イーサン フェアウェルパーティー
      4月29日  ニューアーク空港にイーサン見送り
             帰りにホォートリーのスンドゥブ屋で二人前のスンドゥブを
             食しプリンストンに戻る
             べスラハムの新聞アート欄に特集記事掲載
      4月30日  寝込む P大IDのアップデート
      5月1日   Joe's Pub(NY)で渡辺薫氏とリーハイの打ち上げを兼ねて
             Live鑑賞 宿泊
      5月2〜3日 リーハイ事後処理 
      5月4日   NY領事館訪問、MOMA鑑賞、空手稽古
      5月5日   ヤンキースVSマリナーズ観戦
      5月6日   イングランド「Discovery Channel」出演に関する打ち合わせ
             NY&PRINCETON&TOKYO
      5月7日   下野新聞連載「ぷりんすとんの風」第8回目入稿
      5月10日  雑誌「日本書法」連載記事締め切り


      レギュラーな日々は一日もないよなもし。
      二ヶ国(?)分の仕事に携わるアーティストの日常はこんなんなってますー。








      "Phofa"Press from Mr. Mike Ikeda

      0



        (English follows the Japanese message)


        BCCにて失礼致します。


        皆様!


        本日は、4月27日に立ち上がった新アートウェブマガジンの
        ご報告をさせて頂いております: http://www.phofa.net/


        「Phofa」とは「Phenomena of Art」を短くしたもので、
        「アートと言う小さな奇跡」と言う意味を持っております。
        サイトの趣旨・目的をご説明すると、.◆璽閥罰Δ粒萓化と、
        ⊆磴て本のアーティストたちに将来・夢を与えることを
        目指しております。


        参加アーティストは:
        菅原一剛さん、マヤマックスさん、柿沼康二さん、大巻伸嗣さん、
        下條ユリさん、Simon Taylor、渡辺陽平さん、松山智一さん、
        こうの紫さん & 遠山正道さんです。


        参加ギャラリスト・キュレーターは:
        児玉公義さん・児玉画廊、宇留野隆雄さん・ギャラリイK、森岡光さん
        Gallery unseal & Paddy Meehan・Eyestorm/Opus/Oki-ni です。


        詳しくは、どうぞ「http://www.phofa.net/」をご覧になってみて下さい。


        より多くの方々へこのサイトの存在を伝えて頂ければ助かります。
        ご支援・ご協力、どうぞよろしくお願いします!


        マイク池田


        Hi Everyone,


        This e-mail is to inform you about a new Art Web Magazine
        which was launched yesterday, April 27th: http://www.phofa.net/.


        The word "phofa" is derived from the phrase, "Phenomena of Art." And the intent of this website is to 1) accelerate the art movement within Japan, and 2) to provide futures and dreams to young and talented Japanese artists.


        The site is not completely bilingual, but you can read blog articles from Simon Taylor of the famed Tomato, Paddy Meehan of Oki-ni, and from time-to-time, bilingual artists such as Yuri Shimojo and Tomokazu Matsuyama.
        If you find it interesting enough, I'd appreciate it if you'd pass the URL on to your friends and art fans within your circle.


        We'll strive to make this site a public venue, where free flow of information exchange and interactivity becomes common. Your kind support for this project will be highly appreciated!


        Peace,
        Mike Ikeda

        必見!!! 画家 松山智一個展

        0



          ウラシマタロウ&最近バタバタな私。
          アート好き、アート無縁な人、玄人のアーティスト、何れにも
          余裕で対応する稀有な画家松山智一氏の展覧会が開催中である。


          「なぜ今、自分はここにいて『?』と感じているんだろう…、わからない」


          と感じさせ、感じてしまうのがアート=「生」の醍醐味だと思う。


          そんな生命力を松山氏の作品から私は感じる。


          普段はNY在住ですし、なかり攻めた内容ですので必見!
          「次」という言葉は通用しません。


          松山智一展情報 
          http://tsca.jp/exhibition/0702_1/


          レビュー情報
          http://ex-chamber.seesaa.net/article/35100889.html


          菅原一剛写真研究室レビュー
          http://blog_ichigo.kanko-photo.net/2007/02/20070224.html




          フィラデルフィア美術館イベントの断片

          0


            Event:イベント=出来事;行事;催事, イベント;重要な事件,
            大事件, 突発事故。必ず何かしらハプニングが起き、それらを消化し、
            観客に表現を披露しなくてはならないアーティスト達。
            ある人はニコニコ、ある人はキリキリ、ギラギラさせながら・・・


            ツアーとかアウェーともなると計画≒空論、事後、
            ハプニングの話だけで「人間って面白いな〜、俺は馬鹿ばね〜」と
            朝までワイワイ酒が飲める。


            戌年の私は、また一つ、アメリカで大きなマーキングをした。
            米国の五大美術館のステージに立った事実以外に私自身が
            確実にImproveした事を感じていることが大切であろう。


            不足品、忘れ物、想定外の事象など・・・、何かが起きる。
            それをどう、処理するか。そこは完璧アウェーの、
            ほぼ缶詰状態の美術館、ステージ、打ち合わせがままならない。
            何百の観客が集まる。その印象は、毎回場所と環境によって異なる。
            刻々とステージの時間は迫り、それまで頭に詰め込んできた全ての
            情報がすっ飛び、頭が真っ白になる。


            観客は、アーティストのそんな興奮、葛藤、そしてバックステージに
            隠れた物語に無意識に勘付いていて、それに酔い、
            楽しむものなのかもしれない。


            そして、アーティストは、自分の名前を盾に
            そこで行われた表現の全責任を取る。



            Art After 5: Japan Night at the Philadelphia Museum of Art

            0



              いよいよ明日、フィラ美でイベント開催です。


              昨日、琴奏者の石榑雅代(いしぐれまさよ)先生と電話で
              打ち合わせをした。
              「こわれかけた日本人」「崩れかけた日本」という表現が
              実に興味深かった。西欧と東洋が入り混じり境界線を無くした
              のは何も日本だけではない。


              「琴」とか「書」とか、いまだ色濃く伝統性を残すジャンル
              同士がアメリカで邂逅し、新たな空気を創り出す。
              琴は琴でなくなり、書も単なる書でなくなるかもしれない。
              異国でコラボする意味はそこにあるのではないだろうか。


              琴の他、打楽器やらフルート琴、尺八、チェロ、ベース、
              打楽器、そして書のパフォーマンスと・・・


              大切なのは、セッションを真剣に楽しむ事。
              気分は、マイルスな柿沼がここにいる。


              この日の為に、結局、康二版、アメリカ版の四曲屏風を
              作っちゃったよ。そうせざるを得ない自分に大爆笑だ。


              明日大活躍する予定のこの相棒の名は、「コルトレーン#1」。
              こいつは、実に激しくクレバーな情熱家なんだ。
              一見そう見えないけどね・・・


              あす、たのむぜ、べいべ〜!


              ______________________________


              Art After 5: Japan Night at the Philadelphia Museum of Art

              場所:the Great Stair Hall
              出演:いしぐれ雅代(琴)、柿沼康二(書) 他
              時間:5:45 p.m.–6:45 p.m. 、 7:15 p.m.–8:15 p.m.

              Koji Kakinuma will perform for the event “Japan Night”
              Friday, Mar 2nd as a part of “Art After 5″series.

              “Art After 5″ is a unique blend of entertainment
              held every Friday from 5:00 p.m.–8:45 p.m.
              in the Great Stair Hall.
              It’s Free after Museum admission.

              Performer:
              Masayo Ishigure(Japanese Koto),
              Koji Kakinuma(Japanese Calligrapher)
              The performances are scheduled for 5:45 p.m.–6:45 p.m.
              and 7:15 p.m.–8:15 p.m.


              詳細は、公式ページまで
              http://www.kojikakinuma.com/j/


              PMA: フィラデルフィア美術館

              0



                3月2日(金)に開催される「Japan Night」の打ち合わせの為、全米5大美術館の1つ、フィラデルフィア・ミュージアム・オブ・アートに行った。フィラデルフィア発体験、映画ロッキーでバルボアがランニングで階段を駆け上りガッツポーズをするシーンでお馴染みの場所である。そこでワンショット。マイナス何十度だったのか分からないが、頗る寒く、耳が取れてしまいそうな程。外気にさらされている肌が全て痛い。2004年、夕張国際映画祭に参加した時以来の極寒をここ2週間程経験している。今回のイベントは、映画「Memories Of Geisya」のサントラその他で知られる琴奏者のいしぐれ雅代さんと共演することになっていて、聴覚と視覚アートのコラボレーションになりそうだ。いしぐれさんのコンセプトでは琴の他、チェロ、フルート、打楽器などいろいろな楽器を取り混ぜ編成するそうである。美術館西口から入って直ぐのかなり格好良い空間がパフォーマンス会場。楷・行・草・仮名の4スタイルを駆使し、アメリカから見る日本の四季感を表現し日本の審美を奏でようと思う。

                Teuneさん、Saraさん、Samさん、連日いろいろありがとうございます。

                12月9日、P大イベント「TYGERS」の余波

                0

                  空手家佐藤哲也氏提供(ペイジ夫人とお子様と虎」



                  ぷり虎さん提供


                  現在、5×4mの超大作がプリンストン大学の心臓部の1つ、フリスト・キャンパス・センターにて展示中だ。先日まで行書「虎」、現在は象形「虎」、次回は「P」という漢字(?)に掛けかえになる。


                  実際に書いた順序は「『P』という形をした虎」、行書「虎」、象形「虎」


                  この展示順序は、私の指示ではない。多分、学部長のアイデアかな。
                  その感覚になるほどと思い当たる節あり。


                  最悪の雨天に備え、二会場確保、展示会場、収蔵先、予算、パブリシティー、スチールとムービー撮影、屋上からの撮影場所の確保、音と書のコラボ演出・・・・


                  まあ、よくもこれまで考え付く事を全部やりきったもんだ。


                  P大カラーのオレンジのバナーをUSで縫製させ、日本から40キロ以上の墨をインポートして・・・


                  肋骨折って日本に一時帰国して、急遽NHK国際放送でその模様が世界に配信され・・・


                  元旦からフリストに展示と。


                  伏線を張りまくる無謀な柿沼プロデューサーの我侭によくここまで全米トップの大学が対応してくれたと本当に感心する。


                  私と「虎」とWilliam Blakeの狂気性を掛け合わせて「TYGERS」を導き出してくれた友人のErik、David学部長、小野先生、マネージャーのKathleenとCarol、柿沼関係スタッフ、ミュージシャンの渡辺薫氏、みんなを巻き込んで何とか成功に導いたイベントだった。P日本語学校の応援も不可欠だった。


                  NHKの番組の他、プリ大のWEBサイトのTOPを飾り、新聞2社のトップ・・・(あと何かあったな〜)


                  いつになったらこのイベントは終わるものか・・・


                  「仕事にスタートも終わりも無い」をMOTTOに生きてきた私のだらしなさであり浪漫とも言える。


                  はやく本当の意味の「打ち上げ」をしたいが、まだ暫く先のようだ。


                  5×4mの「P」、展示した状態がとても楽しみだ。






                  松山智一/Tomokazu Matsuyama

                  0



                    友人であり、私にとっての「NY」と絵の先生、松山智一氏のウェブ紹介です。


                    http://www.matzu.net/


                    転がる石のように生きてきた私と似ているようで似ていず、似ていないと
                    思うと似てるところがある絵描き、尊敬するべきアーティストです。
                    私が強運だけでここまで来たとするならば彼は確信犯的に作品と人生を
                    切り開いているように思えます。


                    「マッツは、バランスが良すぎて駄目だよ」と私の嫉妬心を漏らす事も
                    ありますが、作品制作が上手く行かずに自分のアパートの水道を
                    ぶっ壊してしまった秘話を聞いてホッとしたことがありました。
                    「そんな時に良い作品ができるんですよね」と、マッツ氏。


                    日本画や日本伝統芸能と西洋絵画の概念を掛け合わせた氏独自の
                    世界観は、ときに琳派を感じさせたりポップアートを感じさせて
                    くれる。常に斬新さと明るい物語を見る人に与えてくれます。


                    かれこれ6年、NYに腰を据え、アーティスト道の大道を突き
                    進んでいます。


                    ちなみに、私のアートコレクションには、松山先生の作品が2点
                    入っています。先生の個展開催時に1点、NYで1点購入しました。
                    先生はプロですから、友人だからといって絶対にタダで頂いては
                    いけない、買った作品で自分の部屋が一変し、心身共に美の空気に
                    直接触れることになる。作家は、絵の具やキャンバスが買え、
                    より良い作品が創れるというアーティスト間では、
                    実にシンプル考えです。


                    2007年2月に日本で展示会をするので是非作品を見に行って下さい。


                    時間感覚

                    0
                      NY在住の絵描きMATZU−MTP、私のNYの先生、絵の先生である。
                      彼に言われた。


                      「書家というか康二さんの時間を把握する感覚、時間を司る感覚
                      には嫉妬する」
                      書の一回性、自分の絵の世界に取り込もうと挑戦した結果の
                      感想のようだ。


                      筆を持った瞬間から息を呑むよう緊張感、表現を足して行かない
                      イサギ良さ、ルールに従いついにはそのルールを打ち破る
                      その未完の美、それらが柿沼アートの魅力であると・・・


                      意外なことに、私のトークそれ自体が一回性の柿沼作品だと
                      言っていた。


                      続きを読む >>


                           
                           

                      RSS・ATOM配信希望の方は下記より登録ください。

                      柿沼康二ブログ:書家・書道家・現代美術家

                      Koji Kakinuma (c)Douglas Benedict
                      (c)Douglas Benedict


                      柿沼康二(カキヌマコウジ)。書家・書道家・現代美術家。 1970年栃木県矢板市生まれ。5歳より筆を持ち、柿沼翠流(父)、手島右卿(昭和の三筆)、上松一條に師事。東京学芸大学教育学部芸術科(書道)卒業。2006-2007年、米国プリンストン大学客員書家を務める。 「書はアートたるか、己はアーティストたるか」の命題に挑戦し続け、伝統的な書の技術と前衛的な精神による独自のスタイルは、「書を現代アートまで昇華させた」と国内外で高い評価を得る。2013年、現代美術館において存命書家史上初となる個展を金沢21世紀美術館にて開催。発表作品「不死鳥」(1100×750cm)、「一 (BOSE ver.)」(270×515cm)が同美術館のパーマネントコレクション(収蔵)となる。2013年春の東久邇宮文化褒賞、第1回矢板市市民栄誉賞、第4回手島右卿賞。独立書展特選、独立書人団50周年記念賞(大作賞)、毎日書道展毎日賞(2回)等受賞歴多数。NHK大河ドラマ「風林火山」(2007)、北野武監督映画「アキレスと亀」、角川映画「最後の忠臣蔵」等の題字の他、「九州大学」「九州大学病院」名盤用作品等を揮毫。 NHK「トップランナー」「趣味Do楽 柿沼康二 オレ流 書の冒険」「ようこそ先輩課外授業」「スタジオパークからこんにちは(2回)、MBS「情熱大陸」、日テレ「心ゆさぶれ! 先輩ROCK YOU」、BOSE社TV-CM等に出演。 伝統書から特大筆によるダイナミックな超大作、トランスワークと称される新表現まで、そのパフォーマンス性は幅広く、これまでNYメトロポリタン美術館、ワシントンDCケネディセンター、フィラデルフィア美術館、ロンドン・カウンティーホール、KODO(鼓童)アースセレブレーションなど世界各地で披露され好評を博す。現在、柿沼事務所代表取締役社長兼所属書家。

                      =WEB SITES=

                      書家/アーティスト 柿沼康二 公式Webサイト
                      書家/アーティスト 柿沼康二 エッセイ集「字書きの泡。」
                      柿沼事務所オンラインショップ
                      株式会社柿沼事務所

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      作品集

                      金沢21世紀美術館「柿沼康二 書の道“ぱーっ”」カタログ
                      KOJI KAKINUMA "Exploring Calligraphy"


                      →→書籍詳細


                      TARO100祭記念出版
                      「岡本太郎vs柿沼康二 TRANCE-MISSION」

                      本書は、太郎vs柿沼の本であると同時に、 いわば前代未聞のタイポグラフィvs肉筆文字の本である。


                      →→書籍詳細


                      柿沼康二の作品をまとめた初の本格作品集「柿沼康二 書」。
                      東洋経済新報社より発売中です。

                      「この人の作品、狂ってるわ」
                      〜北野武

                      初の本格作品集 「柿沼康二 書」
                      →詳細を読む

                      柿沼康二精選羊毛筆

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 不死鳥」

                      開発期間2年余り、
                      細微な羊毛を使用した逸品。
                      柿沼の臨書及び創作用筆。
                      半切2行書き作品にも
                      不死鳥
                      購入する

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 澄心(ちょうしん)」

                      細線、線の細かさ、かすれを
                      生かした臨書及び創作に適した
                      上級者向けの逸品
                      澄心
                      購入する

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 心花(ときめき)」

                      「壱型 澄心」を一回り小さくし
                      書道中級者から上級者まで
                      より使い易く改良を加えました

                      購入する

                      柿沼康二推奨初級者向け
                      兼毫筆「かき★★かき」

                      小さなお子様から書道初心者
                      でも使いやすい、
                      上質の羊毛にヒゲ(羊の尾の毛)をブレンド
                      柿沼康二推奨初級者向け兼毫筆「かき★★かき」
                      購入する

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      Leave Home
                      Leave Home (JUGEMレビュー »)
                      The Chemical Brothers

                      recommend

                      Flaunt It
                      Flaunt It (JUGEMレビュー »)
                      Sigue Sigue Sputnik

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      LIVE!YES,E-EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1997-
                      LIVE!YES,E-EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1997- (JUGEMレビュー »)
                      矢沢永吉, 高橋研, 秋元康, 相澤行夫

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      SUPERSONIC GENERATION
                      SUPERSONIC GENERATION (JUGEMレビュー »)
                      布袋寅泰, オフラ・ハザ, 森雪之丞

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      1999
                      1999 (JUGEMレビュー »)
                      Prince
                      なぜか彼が好きな人と仲良くなる。現代のファンク・スター。パープル・レインはオリジナル・テープやイベントに必ずかけます。私のエンディング・テーマです。

                      recommend

                      Solid State Survivor
                      Solid State Survivor (JUGEMレビュー »)
                      イエロー・マジック・オーケストラ
                      20年も前の曲なのに、少しも古くさくない。当時、仮説をたて創り出したであろう近未来感覚はサイバー・テクノとでも言うのであろうか?ヤッパ、スゲー!よ、これって!!!

                      recommend

                      Shaft
                      Shaft (JUGEMレビュー »)
                      Isaac Hayes
                      70年代のブラック・ムービーの定番。「ウワァカパン ウァカパン パララララ パララララ・・・」っつうのがタマラン。NYでのDJの友人が好きで良くかけてた。このレコードは見付けるのに苦労した。推薦盤!

                      recommend

                      Physical Graffiti
                      Physical Graffiti (JUGEMレビュー »)
                      Led Zeppelin
                      ロバート・プラント,ジミ―・ページ,ジョン・ボーナム,ジョン・ポール・ジョーンズの4人が醸し出す音楽は強烈かつ崇高。なぜかアメリカ地についた瞬間「IMMIGRANT SONG」が頭の中で鳴り響いていた。街を歩いては「HEART BRAKER」を背負い、恋をしては「YOU SHOKE ME」で●●●を想像した。「不良の色気」・「背徳」を感じる。

                      mobile

                      qrcode

                      PR

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                         

                      Other

                           
                    • 管理者ページ