イセタンメンズデザイナーズカタログEPOCH|2016.12.07号 作品、インタビュー、ポートレート掲載

0

     

    ラグジュアリーブランドによるイセタンメンズの最旬をお届けするメンズデザイナーズカタログ『EPOCH』。

     

    ファッションのありようを、古代インド思想を起源に日本でも大きな発展を遂げた思想、五大に重ね、その5つの要素――地、水、火、風、空――の新作作品を掲載。『EPOCH』では毎号、日本酒やギターをはじめ、他分野で活躍する世界のTOPブランドとのコラボレーションをしています。

     

    http://www.imn.jp/post/108057196337

     

    デジタルカタログ↓ (インタビュー記事、作品紹介、ポートレートなどが掲載されています。)

    http://my.ebook5.net/isetan/luxurymens/

     

     

     

     

     


    "JOMON AND KAKINUMA" in London -20161101-

    0

       

       

       

       

       

       

      ロンドンでの展示会「JOMON AND KAKINUMA」

      11月3日〜10日 MikaGallery/ShouunOrientalArt

      場所は 15 Duke Street St James's

      展示場の窓からは、ジョンとヨーコが初めて出会ったギャラリー、かつてジミヘンが演奏した建物が見える。

      右はホワイトキューブギャラリー。

       

       

      Exhibition in London, "JOMON AND KAKINUMA"

      3rd - 10th November 2016, Mika Gallery / Shouun Oriental Art

      At 15 Duke Street St James's (near Piccadilly Circus).

      From the gallery window, you can see the nearby gallery where John

      Lennon and Yoko Ono met for the first time and a building where Jimmie

      Hendrix once performed.

      On the right is the White Cube gallery.

       

       

       

       

       


      「今」というコンセプト #2

      0

         

         

         

         

        私の作品のコンセプトは“今”。

         

        全て“今”を追求し、“今”を表現している。

         

        その「今」は、時間の意でなく、もちろん現代的とか流行の意味ではない。

         

        自分にとっての「今」である。

         

         

         

        過去も未来も“今”の中にある。

         

        “今”の前と後ろに過去と未来がある。

         

        でも、「今」はどこにあるのだろう。

         

         

         

        今、古典と対峙し

        今、古典から新しさを知る

        今、ひらめき

        今、アイデアを寝かせ

        今、古典に裏付けされた今を表現する

        今、筆を選ぶ

        今、墨をする

        今、紙を選ぶ

        今、文鎮を置く

        今、間合いを整え

        今、筆を打ち込む

        今、線を引き

        今、点を打つ

        今、筆を溜め

        今、突き

        今、弾き

        今、紙から筆を放ち

        今、筆が宙を舞い

        今、着地し

        今、再び展開する

        今、表現が終わる

        今、作品を乾かし

        今、捺印し

        今、表装し

        今、展示する

         

         

        今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今今・・・・・・

         

         

        「今」とは一体なんなのだろうか。

         

        今、今、今、と書いても書いても「今」が捕まらないから死ぬまで「今」を追いかける。

         

        こんな馬鹿極まらないコンセプトにたどり着いた。

         

        新たな旅を見つけた。

         

        長旅になるだろう。

         

        今今今、、、の連続が生きるということ。

         

        今今今、、、の連続が凝縮して自分の表現となる。

         

        生きた証が軌跡として残される。

         

         

         

         

         

         


        “今”というコンセプト

        0

           

           

           

           

          金沢21世紀美術館での個展の終盤あたりにふとこの素材と新しいコンセプトにたどり着いた。

           

          “今”

          “Now”

          “Nowness”

           

          自分のWEBサイトのもともとのタイトル、自分のアート全体のテーマも“THE ETERNAL NOW(永遠の刹那)”である。

           

          この「今」というコンセプトは、30半ばから常に自分の身近にありながらも見え隠れを繰り返し、何となく説得力に欠け、確固たるコンセプトには至らずに時が流れた。

           

          「今」とは、過去と未来をつなぎ合わせ、その境目となる時。

          しかし“今”と言った瞬間に今は過去になるので正確には今という時は捉えることはできない。

           

          本来は時間ではなく、人の作りだした一つの概念、または哲学に近いと思っている。

           

          “今”は、シンプルな世界のようでいて、実は考えれば考えるほどミステリーである。

           

           

          制作中、絶対である時の流れの中で、心の中でこう叫ぶ自分がいる。

           

           

          もっと、もっと、もっと、、、

           

          Higher, Higher, Higher,,,

           

          おまえはだれだ、おまえはだれだ、おまえはだれだ、、、

           

          馬鹿野郎、馬鹿野郎、馬鹿野郎、、、 (自分に対して)

           

          My best, best, Best,,,

           

          My way, My way, My way,,,

           

          My Art, Art, Art,,,

           

          Be alive, Be alive, Be alive,,,

           

          今、今、今、、、

           

           

          素材が「一」だろうが「月」「不死鳥」「心」だろうが、その文字自体の第一義的な意味とは裏腹に大体そんなことを心で叫んで表現している。

           

          私が制作する時に発する声、「シヤー!」」「うりゃ!」とか「おりゃ!」を翻訳するとそれらのいずれかだ。

           

           

          今、今、今、、、

           

          最近ではほとんどが“今”だ。

           

          すべての作品のサブタイトルは「今」と言っても過言ではない。

           

          (つづく)

           

           

           

           

           


          "JOMON AND KAKINUMA" (Exhibition in London)

          0

             

             

             

             

             

            JOMON AND KAKINUMA

            Mika Gallery / Shouun Oriental Art

            ASIAN ART IN LONDON

            JOMON AND KAKINUMA

            3 – 10 November 2016

            Brian Haughton Gallery, 2nd Floor, 15 Duke Street, St. James’s
            London SW1Y 6DB

            Exhibition Hours
            Monday – Friday 10.00 – 18.00
            Saturday, 5 November 10.00 – 17.00
            Sunday, 6 November 12.00 – 20.00

             

             

                       We are thrilled and greatly honored to have this Äsl199Äslmult0 opportunity to introduce prehistoric Jômon works alongside Äsl199Äslmult0 works by the contemporary artist, calligrapher Koji Kakinuma. Äsl199Äslmult0 Jômon pots and Dogû figurines have long been strictly viewed Äsl199Äslmult0 as archaeological materials. The avant-garde artist Tarô OkaÄsl199Äslmult0 ­Äsl199Äslmult0 moto praised Jômon pottery and Dogû as the ultimate form of Äsl199Äslmult0 avant-garde art in the prehistoric era and this has led some Äsl199Äslmult0 people to recognize Jômon works as art. I have continually Äsl199Äslmult0 considered and handled Jômon works since I established Äsl199Äslmult0 Shouun Oriental Art in Tokyo thirty years ago.

                      Today more and more people are becoming interested in Jômon works. The major 2001 Japan cultural exchange project introducing Japanese culture in England was a great turning point in this regard. Large-scale programs introducing Japanese art were held alongside Japanese arÄsl199Äslmult0 ­Äsl199Äslmult0 chaeological exhibitions at the British Museum, the Fitzwilliam Museum and the National Museum of Scotland. An impressive number of Jômon pots and Dogû were displayed in these events. The British Museum’s Dogû exhibition was even Äsl199Äslmult0 brought to Japan, where it evoked a great reaction. Given this history, we are extremely stimulated and pleased to have Äsl199Äslmult0 this opportunity to present our first display of Jômon works in London.

                       And then there is Koji Kakinuma, who is both renowned as a traditional calligrapher and at the same time, heralded as a contemporary artist.

                       In recent years Kakinuma has been most fascinated by and deeply engaged with the theme of “now,” and this exhibition also features a few of his latest Circle Works with their own particular sense of three-dimensionality. Like the Jômon potters who worked in the prehistoric era and their pots existing “now”, the artist conveys his sense of “now” in the works he creates, and indeed, a “now” of the future thus exists.

                     We hope that you enjoy this juxtaposition between the prehistoric and contemporary in this art that reveals the universal and ever-changing “now.”

             

             

            Mika Kiritani

             

             

            Jōmon Pottery and Dogu A Summary

            Period

             _     The appearance of Jōmon pottery dates back to the prehistoric times of the Jōmon period (11,000BC- 400BC). Today, over seventy different styles of Jōmon pottery have been found in the Japanese Archipelago. These different styles can be divided into categories by geographical area, pattern, and the six different periods listed below.

            Making of Jōmon pottery

             _     Jōmon pottery making did not use a potter’s wheel. Instead, the potters used cords of clay which were placed on the edge of the base and then stacked on top of each other. After the basic form of the pot was created, the surface was smoothed and polished using a spatula, pebbles, or shells as tools. After the pots had then been decorated with patterns using cord, bamboo, or shells, they were fired outdoors with wood.

            Originality and characteristics of the Jōmon pottery

             _     The pottery was named “Jōmon”, which means “cord mark,” when an American zoologist Edward S. Morse called the pots cord-marked pottery in 1877. At around this time in the prehistoric era, pottery around the world had been patterned using a board with cords tied to it as an imprint; however, the characteristic patterns on Jōmon pots were made using a cord that had a complex continuous twists on both sides. Today, over fifty types of cord patterns have been found.

             _     The appearance of three-dimensional decoration dates from the middle Jōmon period: this includes complex spiral patterns, protruding decorations, and geometric patterns. Patterns suggesting clouds, water and fire, narrative, and motifs such as snakes and other animals are only part of the enormous variety of expression at the disposal of the Jōmon potters.

             _     In the following Late and Final periods, many forms of pots were created. The Kamegaoka pottery in the Tohoku region in particular produced not only deep pots, but bottles, bowls, cups, pots with four legs, fretworks and pedestals, incense burner-shaped pots, and lidded pots. These are examples of traditional forms of pots that are still made today. Furthermore, the Jōmon potters began to use refined clay and realized a thin and durable pottery. By shining the surface they made the pots less permeable to water, and they also began to use a red paint called “Ni” to decorate the pots.

             

             

            Dogu

             _     Among Dogû types, the so-called Shakôki Dogû form is named for its eyes that resemble the snow-glare shielding goggles worn by the Inuit people. In fact the eyelids could actually be shut or it could be an exaggerated expression. The entire hollow body of the form is decorated with tattoo-like designs. Various other types of Dogû were created alongside these Shakôki Dogû in the late Jômon period. In most instances, these figurines were intentionally broken and buried. This has meant that few are found intact, with most in some variation of partial form, with just the head or torso present, or lacking legs. Fragments of Dogû that have occasionally been found a considerable distance from their main body form suggest there was some specific reason for their burial.

             

             

             

            “Eternal Now”

             _     My works not only express characters and words, they also make use of calligraphy techniques and concepts, and I believe they are an art form that directly express my spirituality amidst their extemporaneous nature. I don’t care if they are described as calligraphy or as art. Lines, forms and movement born from my daily practice and identity that grope for new art all come together in an instant to create the artwork. For me, the Eternal Now, the act of connecting “now” with the months and years I have lived up until now, can be called a prayer.

            Koji Kakinuma

             

             

            KOJI KAKINUMA

            PROFILE

             _     Koji Kakinuma was born in Yaita City, Tochigi prefecture in 1970. He started his studies in Japanese calligraphy at the age of five, and began apprenticeship under his father Suiryu Kakinuma. He later apprenticed under Yukei Teshima (Sanpitsu of the Showa Era), and Ichijo Uematsu. He graduated from the Department of Visual and Performing Arts at the Tokyo Gakugei University. He was invited as a visiting researcher at the Princeton University for the 2006-2007 academic years.

             _     Major prizes and awards include the Higashikuninomiya Cultural Award (2012), the 4th Teshima-Yukei Award (2009), “The Large-scale Work Prize” at the 50th Anniversary of Dokuritsu Shojindan Foundation (2002), the Mainichi Award, Mainichi Calligraphy Exhibition (1996 and 1999).

             _     He creates art works using techniques of traditional calligraphy. His style of works such as large-scale pieces with extra-large brush, and his representative mode of expression he calls “Tranceworks”, extends beyond the conventional category of calligraphy. In 2014, his solo exhibition was held at Kanazawa 21st Century Museum of Contemporary Art, one of the representative contemporary art museums of Japan. It was the first time a contemporary art museum devoted the entire exhibition on a living artist from the field of calligraphy.

             _     Besides films, two- and three-dimensional works, his performance pieces in which he creates large-scale works in front of live audience have been performed at numerous sites around the world, including the Metropolitan Museum, NY, Kennedy Center, Washington D.C., Philadelphia Museum, PA, and London County Hall, London.

             _       For inquiry regarding works, performances, and projects by Koji Kakinuma, please contact Yu Okuzono at info@mikagallery.com

             

             

            MIKA GALLERY

            595 Madison Avenue 8f Fuller bldg.

            New York. NY 10022 USA_

            info@mikagallery.com_

            www.mikagallery.com_

             

            SHOUUN ORIENTAL ART

            1-5-15 Ginza Chuo-ku Tokyo. Japan

            81-3-3535-1007   info@shouun.co.jp_

            www.shouun.co.jp

            Tokyo inshokan printing Co, LTD.

            Title “Jomon and Kakinuma” by Koji Kakinuma

             

             

             

             

             

             


            0

               

               

              風 

               

               

              暑い日が続く。

               

              「風林火山」「風神雷神」「風」「風花雪月」「風花」「こたえは風の中」、、、 

               

              “風”を含む熟語や言葉をこれまで何度も作品にしてきた。

               

              書において、湿度と温度への配慮は不可欠なことは周知。

               

              表現者である自分ではなく“墨”がよろこぶ温度と湿度を知っていると求める表現に有利になるからだ。

               

              それらに加え、ここのところ書における“風”という概念について気付かされることがある。

               

               

              “風”

               

              それは目に見えない現象。

               

              自分、人や物が、大気の流れを感じること。

               

              それを感じること、それを受動することよって、初めて風は“風”と認識される。

               

              ちょっとした風では、それをいちいち風として感じる人はほとんどいない。

               

               

              洗浄後の筆を乾かす際には直射日光を避け、風通しのいいところがいい。

               

              換気が少なく高温多湿ところに画仙紙や作品を置いておくとカビやシミが付くことがある。

               

              エアコンやサーキュレーターなど風のあるところでは作品の乾きがとても速い。

               

              反対に空気が流れていないところでは、作品の乾きが鈍い。

               

              大気が鬱積したところに墨を放置しておくと驚くほど墨が腐りやすい。

               

               

              気温、湿度、日々変わりゆく天気、そしてこの風に影響されながら書という表現が何千年も切り広げられてきたことを思うと書という表現媒体と自然との関係性、その立体性、フィジカル性に改めて気付かされる。

               

               

              風って目に見えないからその存在をあまり意識されないものだ。

               

              直線がこの世にないように、厳密には風のない日、風のない場所はない。

               

              風のない状態というのは、「死」を意味しているのかもしれない。

               

              生きている限り、心臓が動いている限り、大なり小なり空気は動く。

               

              また、空気や大気の働きによって人は生かされているともいえよう。

               

               

              風は「生」

               

              私の中に風の意味がまた一つ増えようとしている。

               

               

               

               

               

               

               


              ウェブサイト作品集のアップデート

              0

                 

                 

                 

                 

                 

                ウェブサイト KOJIKAKINUMA.COM

                ARTWORKS(作品集)部分のアップデートしました。

                近年の代表作、メディア題字作品、コラボレーション、パブリックアートなどを見ることができます。

                 

                (アートワークス)

                http://www.kojikakinuma.com/artworks/

                 

                (Art Works)

                http://www.kojikakinuma.com/en/artworks/

                 

                 

                http://www.kojikakinuma.com

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:アート・デザイン


                Koji Kakinuma "Circle Works"

                0


                  撮影:奥園優


                  “Circle Works”
                   
                  “Trance Work”に続く新たなるシリーズ。
                   
                  柿沼康二、サークル・ワークスの記念すべき第1作、作品「有」、今年1月に開催した個展「MOON」における大トリ。
                   
                  「有」の草書を○の中に打ち込んだ。
                   
                  実は、この作品、個展「MOON」の企画をする約1年前に制作をしたもの。
                   
                  これといった目的もなく、一つの実験として創っておいた。
                   
                  MOON」を企画していくうちに、「有」の中に「月」があり、満月のように形が丸いということから今作が日の目を浴びることとなった。
                   
                   
                  満月
                   
                  クレーター
                   
                  宇宙空間
                   
                  餅をつくウサギ
                   
                  優しい気持ちになれる

                  静寂

                   
                  などなど好評を博した。
                   
                   
                  何でもいいから○の紙に書いたら作品になるのなら、誰も苦労しない。
                   
                  今作、丸い作品、しかもかなり大きい。
                   
                  江戸から続く老舗表具屋さんも前代未聞とのことで、丸い額作り、丸いアクリルガラスの準備、取り扱い、終始苦労が絶えなかったようである。





                   

                  ロンドン・ドキュメンタリー・フィルム撮影ファイナル!

                  0



                    ©Masato Gunji   勝負は準備から・・・


                    ©Adrian Storey  


                    ©Adrian Storey


                    ©Adrian Storey


                    ©Masato Gunji


                    ©gunji


                    ©Masato Gunji  書くのはほんの数秒、乾かすのもプロの技量。


                    ©Masato Gunji  下敷きの乾燥、これも大変なお仕事。1日じゃ乾かない〜

                    連根のそれぞれをばらして根元をファンで乾燥させること1週間、
                    その後に真っ直ぐに戻すために2週間。



                    ロンドン・ドキュメンタリー・フィルム

                     
                    昨年末にオファーがあり、着々と推し進めてきたロンドン・ドキュメンタリーフィルムの収録が終わった。
                     
                    このフィルムの趣旨は、「世界のカリグラフィーの現在」的な内容で、イギリス、アメリカ、フランス、イタリア、中国、日本、、、と世界中のカリグラファーをフィーチャーし、一本のフィルムワークにまとめるもので、この先、世界中のコンペティションに出品されこととイングランドBBCやChannel 4での放送も予定されている。
                     
                    企画者であり監督は、ドキュメンタリーフィルムを主として制作しBBCなどに数多く映像を提供し続けている Martin Cooperさん、

                    日本サイドのディレクターでありカメラマンのAdrian Storeyさん、

                    柿沼映像のほとんどのディレクションと撮影をしている松竹の郡司正人さん、

                    (株)折笠ビデオエンジニヤリング代表取締役の折笠慶輔さん(1999年出演したNHK「にんげんドキュメント」の音響、照明担当者)、

                    和気真憲さん(教え子・NHK「にんげんドキュメント」の主人公の一人)、

                    私の高校の同級生で株式会社日本開発サービス勤務筑波在住の井上洋一さん、
                     
                    ロンドン組と柿沼組の合同作業となる異色のチーム編成で執り行われた。
                     
                    会場は、土浦の田島屋スタジオ。
                     
                    昨年、160年という長い歴史を持つ米卸売業を営む株式会社田島屋の屋号を手がけさせて頂き、そのご縁から親しくお付き合いさせて頂いていて、田島屋社長を筆頭として、ご家族や社員の皆様から多大な協力を頂き、今回の収録が実現した。
                     
                    http://tajimaya-rice.co.jp
                     
                    準備から制作、作品乾燥から後始末まで、スタジオに三日篭り、これまでにないダイナミックかつ斬新な撮影と作品制作ができた。
                     
                    4Kカメラのほかカメラ2台、GoProカメラ4台を使っての俯瞰撮影。
                    撮影する側としては、スタジオが巨大で天井が非常に高いこと、また背景を全く意識せずに撮影に集中できる特殊な空間で撮れたことが独特の空気感を作り出した。
                    体育館での撮影はやはり体育館然とした空気になり、テレビスタジオも然りである。
                     
                    MartinさんとAdrianさんとの半年近い綿密なやりとりは国内のメディアとのそれとは大きく異なり、大変勉強になった。
                     
                    時間をかけるところ、かけないところ、興味を示すポイント、機材や装置、西洋と東洋のものの考え方、そして自由度、、、、
                     
                    そして、東洋も西洋もない、同じ人間として共通の美意識、バイタリティーが最終的には浮き彫りにされる。
                     
                    4×5mに書いた素材は今のところは「ヒ・ミ・ツ」であるが、この素材に辿りついたことは今回のお仕事あっての収穫、それは今後の私のアーティスト人生を決定付けるモチーフになると思われる。
                     
                    この収録を通じて改めて発見した貴重な素材とコンセプトとの出会い。
                     
                    「これ無理でしょう!」
                     
                    「いや、やる!」
                     
                    「できるか?」
                     
                    「No way, Come on!」
                     
                    「失敗したら…」
                     
                    「いや、失敗なんてない」
                     
                    「今できる精一杯、ギリギリの自分を表現する。それがアートだろ!」
                     
                    ここまでがこれまでの自分流のロックンロールだとすると、
                     
                    今回は“パンク”。
                     
                    ペケペケのスリーコードを爆音で流す。

                    馬鹿野郎、コケ野郎、すべてをぶっ壊す〜!
                    というか、ぶっ壊す前から既に俺が壊れてる〜〜〜。
                     
                    自分がドキドキ、ザワザワするものを表現する。
                     
                    過去でも未来でもない“今”
                     
                    45歳にしてPUNK!!!

                    そんなストーリーがつづく

                    つづかない、、、

                     
                    Adrian Storey Blog “宇宙人”
                     
                    http://blog.uchujin.co.uk/2016/05/koji-kakinuma-shooting-large-scale-calligraphy/




                     

                    MIKA GALLERY NY | Asia Week 2016 Exhibition

                    0


                      For the Asia Week in New York, MIKA GALLERY is pleased to present an exhibition of new calligraphy, ceramic and dry lacquerware by three Japanese contemporary artists whose works continue to receive favorable reviews.

                      In addition, please join us at the annual exhibition by members of the Japanese Art Dealers Association (JADA) at Ukrainian Institute of America, bringing together masterworks of traditional Japanese art.

                      JADA 2016

                      Saturday, March 12th - Monday, March 14th, 2016
                      Sat 11:00 am - 5:00 pm, Sun - Mon 11:00 am - 6:00 pm
                      Ukrainian Institute of America: 2 E 79th Street, New York, NY 10075 

                      JAPANESE ART  - prehistoric to contemporary - 

                      Thursday, March 10th - Thursday, March 17th, 2016
                      10:00 am - 5:00 pm daily, including Sunday
                      Mika Gallery: 595 Madison Avenue, Fuller Building 8F, New York, NY 10022





                      (top left) 
                      Shakōki Dogu (Goggled-eyed Clay Figurine) 
                      Early Final Jomon period, (1,000-800B.C.) 
                      Earthenware 
                      (19.8 x 14 x Dia. 9 cm) 
                      Excavated in Tohoku region
                      Publication: Rokusho. Maria Shobo, 1992.

                      (top right)

                      Koji Toda
                      Sphere
                      Stoneware and silver

                      (bottom)

                      Koji Kakinuma
                      空花 Sky and Flower
                      Ink on paper




                       



                           
                           

                      RSS・ATOM配信希望の方は下記より登録ください。

                      柿沼康二ブログ:書家・書道家・現代美術家

                      Koji Kakinuma (c)Douglas Benedict
                      (c)Douglas Benedict


                      柿沼康二(カキヌマコウジ)。書家・書道家・現代美術家。 1970年栃木県矢板市生まれ。5歳より筆を持ち、柿沼翠流(父)、手島右卿(昭和の三筆)、上松一條に師事。東京学芸大学教育学部芸術科(書道)卒業。2006-2007年、米国プリンストン大学客員書家を務める。 「書はアートたるか、己はアーティストたるか」の命題に挑戦し続け、伝統的な書の技術と前衛的な精神による独自のスタイルは、「書を現代アートまで昇華させた」と国内外で高い評価を得る。2013年、現代美術館において存命書家史上初となる個展を金沢21世紀美術館にて開催。発表作品「不死鳥」(1100×750cm)、「一 (BOSE ver.)」(270×515cm)が同美術館のパーマネントコレクション(収蔵)となる。2013年春の東久邇宮文化褒賞、第1回矢板市市民栄誉賞、第4回手島右卿賞。独立書展特選、独立書人団50周年記念賞(大作賞)、毎日書道展毎日賞(2回)等受賞歴多数。NHK大河ドラマ「風林火山」(2007)、北野武監督映画「アキレスと亀」、角川映画「最後の忠臣蔵」等の題字の他、「九州大学」「九州大学病院」名盤用作品等を揮毫。 NHK「トップランナー」「趣味Do楽 柿沼康二 オレ流 書の冒険」「ようこそ先輩課外授業」「スタジオパークからこんにちは(2回)、MBS「情熱大陸」、日テレ「心ゆさぶれ! 先輩ROCK YOU」、BOSE社TV-CM等に出演。 伝統書から特大筆によるダイナミックな超大作、トランスワークと称される新表現まで、そのパフォーマンス性は幅広く、これまでNYメトロポリタン美術館、ワシントンDCケネディセンター、フィラデルフィア美術館、ロンドン・カウンティーホール、KODO(鼓童)アースセレブレーションなど世界各地で披露され好評を博す。現在、柿沼事務所代表取締役社長兼所属書家。

                      =WEB SITES=

                      書家/アーティスト 柿沼康二 公式Webサイト
                      書家/アーティスト 柿沼康二 エッセイ集「字書きの泡。」
                      柿沼事務所オンラインショップ
                      株式会社柿沼事務所

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      作品集

                      金沢21世紀美術館「柿沼康二 書の道“ぱーっ”」カタログ
                      KOJI KAKINUMA "Exploring Calligraphy"


                      →→書籍詳細


                      TARO100祭記念出版
                      「岡本太郎vs柿沼康二 TRANCE-MISSION」

                      本書は、太郎vs柿沼の本であると同時に、 いわば前代未聞のタイポグラフィvs肉筆文字の本である。


                      →→書籍詳細


                      柿沼康二の作品をまとめた初の本格作品集「柿沼康二 書」。
                      東洋経済新報社より発売中です。

                      「この人の作品、狂ってるわ」
                      〜北野武

                      初の本格作品集 「柿沼康二 書」
                      →詳細を読む

                      柿沼康二精選羊毛筆

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 不死鳥」

                      開発期間2年余り、
                      細微な羊毛を使用した逸品。
                      柿沼の臨書及び創作用筆。
                      半切2行書き作品にも
                      不死鳥
                      購入する

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 澄心(ちょうしん)」

                      細線、線の細かさ、かすれを
                      生かした臨書及び創作に適した
                      上級者向けの逸品
                      澄心
                      購入する

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 心花(ときめき)」

                      「壱型 澄心」を一回り小さくし
                      書道中級者から上級者まで
                      より使い易く改良を加えました

                      購入する

                      柿沼康二推奨初級者向け
                      兼毫筆「かき★★かき」

                      小さなお子様から書道初心者
                      でも使いやすい、
                      上質の羊毛にヒゲ(羊の尾の毛)をブレンド
                      柿沼康二推奨初級者向け兼毫筆「かき★★かき」
                      購入する

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      Leave Home
                      Leave Home (JUGEMレビュー »)
                      The Chemical Brothers

                      recommend

                      Flaunt It
                      Flaunt It (JUGEMレビュー »)
                      Sigue Sigue Sputnik

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      LIVE!YES,E-EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1997-
                      LIVE!YES,E-EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1997- (JUGEMレビュー »)
                      矢沢永吉, 高橋研, 秋元康, 相澤行夫

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      SUPERSONIC GENERATION
                      SUPERSONIC GENERATION (JUGEMレビュー »)
                      布袋寅泰, オフラ・ハザ, 森雪之丞

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      1999
                      1999 (JUGEMレビュー »)
                      Prince
                      なぜか彼が好きな人と仲良くなる。現代のファンク・スター。パープル・レインはオリジナル・テープやイベントに必ずかけます。私のエンディング・テーマです。

                      recommend

                      Solid State Survivor
                      Solid State Survivor (JUGEMレビュー »)
                      イエロー・マジック・オーケストラ
                      20年も前の曲なのに、少しも古くさくない。当時、仮説をたて創り出したであろう近未来感覚はサイバー・テクノとでも言うのであろうか?ヤッパ、スゲー!よ、これって!!!

                      recommend

                      Shaft
                      Shaft (JUGEMレビュー »)
                      Isaac Hayes
                      70年代のブラック・ムービーの定番。「ウワァカパン ウァカパン パララララ パララララ・・・」っつうのがタマラン。NYでのDJの友人が好きで良くかけてた。このレコードは見付けるのに苦労した。推薦盤!

                      recommend

                      Physical Graffiti
                      Physical Graffiti (JUGEMレビュー »)
                      Led Zeppelin
                      ロバート・プラント,ジミ―・ページ,ジョン・ボーナム,ジョン・ポール・ジョーンズの4人が醸し出す音楽は強烈かつ崇高。なぜかアメリカ地についた瞬間「IMMIGRANT SONG」が頭の中で鳴り響いていた。街を歩いては「HEART BRAKER」を背負い、恋をしては「YOU SHOKE ME」で●●●を想像した。「不良の色気」・「背徳」を感じる。

                      mobile

                      qrcode

                      PR

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                         

                      Other

                           
                    • 管理者ページ