風を読む 

0

     

     

     

     

    ”風を読む”

     

    今年の夏ほど、夏場のランニングがキツイと感じたことはない。

     

    走れないことはないのだが、あまりの暑さや湿気、大量の汗に危険を感じ

     

    引き返したことが何度かあった。

     

    暑さとはまた別に、びちょびちょの汗が体にへばり付き続け、その不快感が

     

    ジリジリと精神を追い込む。

     

    暑ければ暑いほど走りたくなる自分だったが、

     

    いろいろと考え直さなければと思った。

     

     

    夏場のランニング中、本当にしんどいのは強い日差しではないと思った。

     

    無風(正確には少風)、多湿、曇り空、これらが重なり合うと大変だ。

     

    気温が33度の炎天下でも、ある程度の風があれば気持ち良く走れる。

     

    風や日差しが身から溢れ出た汗を蒸発させ爽快に感じさせてくれるからだ。

     

    その反面、28度程度であるのにもかかわらず多湿の曇り空、

     

    無風に近かったりすると、少し走っただけで異常なほどの汗をかき

     

    へたばることがある。

     

    天気、湿度や気温の高低などの問題ではなく

     

    ”風”

     

    風の有無、強弱によって人間のパフォーマンスが随分と変わる事を知った夏

    となった。

     

     

     

     

     


    インスタグラム

    0





      インスタグラムやってます。

      ツイッターやってません。

      https://www.instagram.com/kojikakinuma/

       






       

      馬鹿走り2016

      0










        馬鹿走り2016
         
        ロンドンのドキュメンタリーフィルムの撮影が続いている。
         
        書や制作以外の日常が撮りたいということで、この日は桜満開の都内随所を走り回った。
         
        40歳を過ぎた頃から瞬発力系のランニングスタイルからスタミナ系に変えていたのだが、現在拠点としている代々木近辺は坂道だらけということもあり、走るたびに美しい坂道、疾走したら気持ち良さそうな坂道を探している自分がいた。
         
        一ヶ月ほど前から、通常のランニングの途中で登りの坂道猛ダッシュするランを再開した。
         
        無茶苦茶な走り方をするので“馬鹿走り”と呼んでいる。
         
        最初は、50mほどの坂道ダッシュを1、2本やっただけで翌日こたえたのだが、日に日に体がタフになり、今では100mの坂道ダッシュを5本ほどやっても翌日に大して疲れが残らなくなった。筋肉や体付きが変わってくるのも不思議だ。
         
        この日は、馬鹿走り15本ほどをこなす。
         
        正直、この歳になってもまだ馬鹿走りができるとは思っていなかった。

        20代30代の頃のように酸欠で手先が痺れるまでとは行かないまでも、自分の限界を垣間見る貴重な瞬間である。
         
        動物に戻る。
         
        子供に帰る。
         
        真にやるべきことが見えてくる。
         
        気合が入る。
         
        五感が研ぎ澄まされる。
         
        私のランニングにはそんな理由がある。
         
        制作前には欠かせないルーティーン。
         
        俺の馬鹿走り、俺のアートと共にロンドンから世界に飛ん行く。
         
         

        Adrian Srorey
        Masato Gunji
        Keisuke Orikasa
         
         
         
         

        近況20140804

        0
          ワールドカップ2014
          一ケ月以上WCに持っていかれた
          コロンビア、チリ、メキシコ、USAなどの戦い方に惹かれた
          仕事の仕方、美観などサッカーを観ていて理解することが多い、昨今
           
          中田英寿氏、GALAパーティー2014のオープニングアクトを担当 
          久しぶりの福岡
          行きの飛行機で体調崩す
          直前までハラハラ
          何とか無事終了
          ライブは毎回スリリング
          だからライブ
          今年のドレスコードはタキシード&アスコットタイ
          東京とは違う暑さ
          福岡の豚骨ラーメンはさっぱりしていて実に美味しい
          ゲリラ豪雨
           
          44回目の誕生日
          人生は本当にあっと言う間だ
          誕生日には全く何もしない人
          生まれかわって一年を過ぎた
           
          Karl Hydeとのコミュニケーション1年経過
          いよいよ始まる感じ
          英語漬け
          昼夜逆転
          実験
          New ART
           
          池田マイクさんとミーティング
          祥雲、桐谷美香さんとミーティング
           
          雑誌取材
          国宝の書について
          常識に対する疑問について
           
          秋元央嗣さん
          渋谷の画廊にて個展開催
          大学在学中の初個展、初の旗揚げ
          修学旅行ではない一人旅の始まり
           
          映画「渇き」
          映画「グランド・ブダペスト・ホテル
           
          NHK朝連ドラDVD「ゲゲゲの女房」制覇
           
          香港行きの計画
           
          臨書漬け
          貫名菘翁大特集
          空海、王羲之の解釈に不可欠
          書における呼吸を学ぶ
          ダンス
           
          情報遮断
          ネットは最小限
           
          真夏のランニング


           
          ★★★只今康二中★★★
           
          「三陸のウニ」





           

          明けましておめでとうございます!

          0
            JUGEMテーマ:アート・デザイン




            新年明けましておめでとうございます。

            今年も宜しくお願い申し上げます。


            東京は例年より温かい気候で新年を迎えました。

            今年も臨書しながら年を越しましたので

            書き納めも書き初めもないような曖昧な状態で

            筆を執っております。


            今年のテーマは「世界」。

            これまでの世界性とはまた違った形、

            違った気持で柿沼の描く現代アートを

            世界の舞台で発表していく年になるように

            いきたいと思っています。

            ああ、楽しみ!楽しみ!



            ★★★只今康二中★★★

              「どぶろく」








            中田英寿氏の映像

            0



              速い、強い、美しい、、、

              サッカーというよりフットボール、、、

              世代の違う人たち、スポーツやサッカーに無縁の人たちのために下記の映像サイトをご紹介します。

              世界で通用する事を証明した日本サッカー史上、最高の選手であること・・・。


              中田英寿 プレー集 -HIDETOSHI NAKATA The Legend-
               http://www.youtube.com/watch?v=qZaIv5bYhFo&feature=youtu.be

              ウィキペディア
              http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%94%B0%E8%8B%B1%E5%AF%BF


              ★★★只今康二中★★★

                  「カタカナ」


              RECENT ETC

              0
                JUGEMテーマ:アート・デザイン




                金沢21美@弾丸日帰り打ち合わせ

                http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=19&d=1626
                http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=79&d=120&lng=e
                出光美術館「文字の力・書のチカラII」鑑賞
                http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

                小林抱牛展鑑賞

                ロンドンJAMMING

                アメリカのコレクター
                海外とのやり取りで自分の過去を拾う

                NIKE "Change from here" 2010?

                http://www.youtube.com/watch?v=668J8bqt3PM

                Kennedy Center 2008?

                http://www.youtube.com/watch?v=DSbjIkvJhoA 
                BOSEテレビCM
                http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/consumer_audio/home_theater/soundbar_systems/lifestyle135/tv_making.jsp
                メイキング
                http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/consumer_audio/home_theater/soundbar_systems/lifestyle135/lifestyle135_cm.jsp

                YOUTUBE NHK大河ドラマ「風林火山」OP

                英語漬け

                NHK-Eテレ「書の冒険」再放送

                東京で吸って、栃木で吐いて…

                手島右卿展鑑賞

                Eternal Nowの準備
                カイロでケア

                http://www.togoshiginza.com/

                ストレッチ

                ランニング

                呼吸法

                銀ブラ

                Under Worldの世界
                http://www.underworldlive.com/

                Karl Hydeの世界
                http://www.karlhyde.com/

                夜型人間

                あまちゃん

                マルジェラ

                ヨウジヤマモト
                ギャルソン

                どぜう

                はとバス

                屏風作品

                直線・曲線・点

                カズマット
                シップ
                コルセット

                アセテート

                トランスワーキング

                スイーツ男子化

                オットマン

                かわほり堂@福ちゃん先生
                http://kawahori.jimbou.net/catalog/index.php

                矢板市

                熊野筆

                ためしてガッチン

                ファイテン

                中田英寿

                空海

                Dancing

                Marks
                オヤジギャグ
                現代アート
                シャバダバ

                 

                ★★★只今康二中★★★


                Karl HydeEdgeland



                表敬訪問@ヘアークリアー鳩ケ谷フローレス店

                0


                  作品「情熱」の前にて (左:オレ、中:塚原淳子オーナー、右:今泉佑太社長)



                  ヘアークリアー鳩ケ谷フローレス店に表敬訪問しました。

                  川口鳩ヶ谷フローレス店GRAND OPEN
                  http://hairclear.com/flores/

                  ヘアークリアーTOP
                  http://hairclear.com/

                  とても開放的な3階建て新社屋エントランスに最新作の一つ「情熱」を

                  展示して頂いております。


                  この場所に飾られるために生み出されたかのような驚きのマッチ感で

                  生みの親である私が驚く限りです。


                  お近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。



                  ★★★
                  只今康二中★★★

                  Daft Punk 「RANDOM ACCESS MEMORIES









                   

                  きゅん!きゅん!

                  0


                     

                    この2週間で胃カメラを飲むこと3回。

                    書の仕事と違い、慣れてはいけないとこじゃないので無駄な足掻きはやめ、自分なりの胃カメラ処世術を生みだせるよう兎に角リラックスするよう心掛けている。

                    早起きしたので珍しくリアルタイムで連ドラを見て病院に向かった。

                    何事も慣れるものだ。


                    すんなりカメラを飲み込み、直ぐに落ち着いた。

                    眠くなってきた。

                    なぜか頭の中で音楽が流れている。

                    それも何度も何度も同じ曲がリピートしている。 


                    キュン!

                    キュン!


                    止まらない。

                    何か良い感じになってきた。 

                    春眠暁を覚えず。

                     


                    胸キュン!

                    君に…


                    検査が終わっても麻酔でほろ酔い気分。


                    キュン〜

                    キュ〜ン

                    きゅん〜〜〜 


                    じぇじぇじぇ!


                    と思わず…

                    あまちゃん。良く流れているYMO、、、?!?


                    じぇ!


                    一日中頭から離れない。

                    この曲はズブンの世界じゃね〜。

                    と一瞬思ったが、いや待てよ…。

                    B-SIDEKoji Kakinumaとしていいかも。

                    早速、iTunesで買ってみた。



                    ★★★只今康二中★★★

                     空海「三十帖冊子」




                    オレ流@革は洗うべし!

                    0
                      JUGEMテーマ:ファッション
                       


                      買って早々に事務所のバスタブに革靴をぶち込む。
                      お湯に浸す。
                      適当に。
                      安くないイタリアンシューズ。
                      自分の足に合わせる。
                      革靴はこうするに限る。
                      靴じゃくても革を洗ってしまうおいら。
                      吾なりの方法論。
                      どこにも書いてないので真似はしないように。
                      特に安物はNG。
                      悪しからず。
                      続いて革のループをハサミでチョキンキンと切断。
                      要らない。
                      直感。
                      そう感じた。
                      そんだけ。
                      それでモノはますます自分寄りに研ぎ澄まされていく。

                      このオヤジ、革を洗うブログはこれで何回目か。

                      燃える。

                      燃えるね。

                      革は。

                      特に。

                      自分でもよくかわからないが。

                      ウェアーは何でも自分流に仕立てる。
                      どんな高くてもおいらの作品のように一点もののオートクチュールではない。
                      世界中探せば何とか見つかるから厳密にはアートじゃない。
                      金で買えるものはたかがしれている。

                      危険か、快楽か、壊すためか、創るためか、

                      革への追求は止まない。

                      革屋になれば良かったのに。

                      友人によく言われる。


                      ★★★只今康二中★★★

                       「アメスピ」




                           
                           

                      RSS・ATOM配信希望の方は下記より登録ください。

                      柿沼康二ブログ:書家・書道家・現代美術家

                      Koji Kakinuma (c)Douglas Benedict
                      (c)Douglas Benedict


                      柿沼康二(カキヌマコウジ)。書家・書道家・現代美術家。 1970年栃木県矢板市生まれ。5歳より筆を持ち、柿沼翠流(父)、手島右卿(昭和の三筆)、上松一條に師事。東京学芸大学教育学部芸術科(書道)卒業。2006-2007年、米国プリンストン大学客員書家を務める。 「書はアートたるか、己はアーティストたるか」の命題に挑戦し続け、伝統的な書の技術と前衛的な精神による独自のスタイルは、「書を現代アートまで昇華させた」と国内外で高い評価を得る。2013年、現代美術館において存命書家史上初となる個展を金沢21世紀美術館にて開催。発表作品「不死鳥」(1100×750cm)、「一 (BOSE ver.)」(270×515cm)が同美術館のパーマネントコレクション(収蔵)となる。2013年春の東久邇宮文化褒賞、第1回矢板市市民栄誉賞、第4回手島右卿賞。独立書展特選、独立書人団50周年記念賞(大作賞)、毎日書道展毎日賞(2回)等受賞歴多数。NHK大河ドラマ「風林火山」(2007)、北野武監督映画「アキレスと亀」、角川映画「最後の忠臣蔵」等の題字の他、「九州大学」「九州大学病院」名盤用作品等を揮毫。 NHK「トップランナー」「趣味Do楽 柿沼康二 オレ流 書の冒険」「ようこそ先輩課外授業」「スタジオパークからこんにちは(2回)、MBS「情熱大陸」、日テレ「心ゆさぶれ! 先輩ROCK YOU」、BOSE社TV-CM等に出演。 伝統書から特大筆によるダイナミックな超大作、トランスワークと称される新表現まで、そのパフォーマンス性は幅広く、これまでNYメトロポリタン美術館、ワシントンDCケネディセンター、フィラデルフィア美術館、ロンドン・カウンティーホール、KODO(鼓童)アースセレブレーションなど世界各地で披露され好評を博す。現在、柿沼事務所代表取締役社長兼所属書家。

                      =WEB SITES=

                      書家/アーティスト 柿沼康二 公式Webサイト
                      書家/アーティスト 柿沼康二 エッセイ集「字書きの泡。」
                      柿沼事務所オンラインショップ
                      株式会社柿沼事務所

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      作品集

                      金沢21世紀美術館「柿沼康二 書の道“ぱーっ”」カタログ
                      KOJI KAKINUMA "Exploring Calligraphy"


                      →→書籍詳細


                      TARO100祭記念出版
                      「岡本太郎vs柿沼康二 TRANCE-MISSION」

                      本書は、太郎vs柿沼の本であると同時に、 いわば前代未聞のタイポグラフィvs肉筆文字の本である。


                      →→書籍詳細


                      柿沼康二の作品をまとめた初の本格作品集「柿沼康二 書」。
                      東洋経済新報社より発売中です。

                      「この人の作品、狂ってるわ」
                      〜北野武

                      初の本格作品集 「柿沼康二 書」
                      →詳細を読む

                      柿沼康二精選羊毛筆

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 不死鳥」

                      開発期間2年余り、
                      細微な羊毛を使用した逸品。
                      柿沼の臨書及び創作用筆。
                      半切2行書き作品にも
                      不死鳥
                      購入する

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 澄心(ちょうしん)」

                      細線、線の細かさ、かすれを
                      生かした臨書及び創作に適した
                      上級者向けの逸品
                      澄心
                      購入する

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 心花(ときめき)」

                      「壱型 澄心」を一回り小さくし
                      書道中級者から上級者まで
                      より使い易く改良を加えました

                      購入する

                      柿沼康二推奨初級者向け
                      兼毫筆「かき★★かき」

                      小さなお子様から書道初心者
                      でも使いやすい、
                      上質の羊毛にヒゲ(羊の尾の毛)をブレンド
                      柿沼康二推奨初級者向け兼毫筆「かき★★かき」
                      購入する

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      Leave Home
                      Leave Home (JUGEMレビュー »)
                      The Chemical Brothers

                      recommend

                      Flaunt It
                      Flaunt It (JUGEMレビュー »)
                      Sigue Sigue Sputnik

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      LIVE!YES,E-EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1997-
                      LIVE!YES,E-EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1997- (JUGEMレビュー »)
                      矢沢永吉, 高橋研, 秋元康, 相澤行夫

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      SUPERSONIC GENERATION
                      SUPERSONIC GENERATION (JUGEMレビュー »)
                      布袋寅泰, オフラ・ハザ, 森雪之丞

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      1999
                      1999 (JUGEMレビュー »)
                      Prince
                      なぜか彼が好きな人と仲良くなる。現代のファンク・スター。パープル・レインはオリジナル・テープやイベントに必ずかけます。私のエンディング・テーマです。

                      recommend

                      Solid State Survivor
                      Solid State Survivor (JUGEMレビュー »)
                      イエロー・マジック・オーケストラ
                      20年も前の曲なのに、少しも古くさくない。当時、仮説をたて創り出したであろう近未来感覚はサイバー・テクノとでも言うのであろうか?ヤッパ、スゲー!よ、これって!!!

                      recommend

                      Shaft
                      Shaft (JUGEMレビュー »)
                      Isaac Hayes
                      70年代のブラック・ムービーの定番。「ウワァカパン ウァカパン パララララ パララララ・・・」っつうのがタマラン。NYでのDJの友人が好きで良くかけてた。このレコードは見付けるのに苦労した。推薦盤!

                      recommend

                      Physical Graffiti
                      Physical Graffiti (JUGEMレビュー »)
                      Led Zeppelin
                      ロバート・プラント,ジミ―・ページ,ジョン・ボーナム,ジョン・ポール・ジョーンズの4人が醸し出す音楽は強烈かつ崇高。なぜかアメリカ地についた瞬間「IMMIGRANT SONG」が頭の中で鳴り響いていた。街を歩いては「HEART BRAKER」を背負い、恋をしては「YOU SHOKE ME」で●●●を想像した。「不良の色気」・「背徳」を感じる。

                      mobile

                      qrcode

                      PR

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                         

                      Other

                           
                    • 管理者ページ