5月29日“ゴツフェス!”&浜谷康幸のハマラジ出演

0

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     

     

     

     

    5月29日“ゴツフェス!”出演&浜谷康幸のハマラジ出演

     

     

    ■“ゴツフェス!”

     

    親友であり俳優の塚原大助氏が主催する劇団ゴツプロ!のゴツフェス!が来たる5月29日(月)、下北沢の本多劇場にて開催されます。

     

    ゴツプロ!公式サイト

    http://52pro.info

     

    第二部の大トリとして津軽三味線奏者・小山豊氏と小山会青年部の皆さんと柿沼康二のコラボレーションを披露いたします。

     

    また、来春本多劇場にて公演予定のゴツプロ!第3回公演「三の糸」題字を揮毫。その発表もございます。

     

    現状、若干の空席があるようですので、お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

     

     

    ■ハマラジの内容

     

    今回、ゴツプロ!様のお仕事して書家・柿沼とアーティスト・柿沼の両サイドのアプローチをした。

     

    まず、題字。3ヶ月ほど前からゴツプロの皆さんと何度か打ち合わせをし、作家の竹田新さんから舞台のおおよその内容やイメージを聞き、様々なタイプのたたき台を書き、方向性を決めて揮毫した。

     

    反故の披露。

     

    書という一回性の芸術について。一度始まったら最後まで貫通していることが求められる芸術。

     

    一回性。音楽と相似点。

     

    題字を手がける自分は完全に書家。

     

    パフォーマンス時は、書家でじゃなくアーティストサイドのお仕事。だから誰も見たことない世界を見せたい。

     

    単に文字を書くタイプのパフォーマンスではない。

     

    小山氏と柿沼がわざわざ出てきて、ただ三味線の演奏に合わせて字を書くだけでは物足りない。それはゴツフェスには合わない。

     

    180-360のキャンバス、

    縦書き

    ブラックライト

    大量のアクリル

    グラフィック

    コンテンポラリー

    トリックアート

    カリグラフィー

     

    それらが入り混じったハイブリットなパフォーマンスを披露。

     

    塚原大助との出会い、20年来のおつきあい。

     

    書論、芸術論、文化論。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    「春夏秋冬」

    0

      JUGEMテーマ:アート・デザイン

       

       

      Nowness 2017 出品「春夏秋冬」

       

       

       

      文字をモチーフにする関係で、その素材探しとそれをどう表現するかを四六時中考えている。

       

      3、4年ほど前、誰もが知る四字熟語「春夏秋冬」、この素材が自分にとって特別な意味を持ち始めた。

       

      それからどれくらい書いただろう。

       

      3千は優に超える。

       

      これほど日本を象徴する言葉があるだろうか。

       

      書という表現しかり、この「春夏秋冬」しかり、あまりにもシンプルすぎてその魅力に気づかないこと、日本人なのに日本のことをあまり知らなかったり、当たり前すぎて見落としていることは少なくない。

       

      この言葉の力と意味は、30代の若輩者の自分には到底気づくことはできなかった。

       

       

      冬の厳しさが日に日に和らぎ、桜とともに春がやって来る

       

      初夏の清々しい風、みずみずしい若葉

       

      梅雨が明け、燦々と太陽の光が降り注ぐ夏の生命力

       

      深く美しい紅葉、夕暮れ

       

      冬の静けさ、厳しさ、雪

       

      そしてまた春がくる

       

       

      遠く平安時代から伝わる「枕草子」に綴られている通り、日本の四季のありようは日本人の精神や考え方に深く関与している。本当に複雑で面白い。

       

       

      「春夏秋冬に」たどり着くまでにいくつかのきっかけがあった

       

      「日本の四季はなんて“ダイナミック”なんだ!」外国の友人が何気に言った言葉に驚かされたことがあった。

       

      春夏秋冬春夏秋冬春夏秋冬春夏秋冬春夏秋冬春夏秋冬・・・・

      トランスワークのように感じた。

       

       

      考えて見ると師が手をつけなかった文字素材でもあった。書いたことがないはずはないが、作品化していないという発見。

       

      亡き母が大好きだった「四季の歌」を思い出したり、、、

       

      などなど、、、

       

       

      様々な点が自分の中で線になり自分の表現素材となる。

       

      かつて四字熟語では「風林火山」が最強と思っていた私だが、今となると「春夏秋冬」が最高と思うようになった。

       

      死ぬまでにどんな「春夏秋冬」をこの世に残せるか自分でも楽しみである。

       

       

       

       

       


      柿沼康二書展「NOWNESS 2017」終了

      0

        JUGEMテーマ:アート・デザイン

         

         

        柿沼康二書展「NOWNESS 2017」終了

         

        拝啓  新緑の候、ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。


        この度は、表参道MIDORI.SO2 ギャラリーにおいて開催いたしました柿沼康二書展「NOWNESS 2017」が盛会をもちまして無事終了させることができました。

        連日良い天気が続き、たくさんの方にご高覧いただけましたことを心より御礼申し上げあげます。今後ともご指導ご鞭撻のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

                                                  敬具

         

        2016年5月吉日

         

        株式会社柿沼事務所

         

         

         

         


        4/30スタート"Koji Kakinuma Nowness 2017" サークルワークス

        0

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

           

           

           

          One (Circle Works)

           

          今週末より開催される書展“Nowness 2017”のため制作されたサークルワークス3種の中の1つ。

           

          最近意識しているのは、表現やコンセプトは勿論なのだが、作品のサイズや形式である。

           

          35-35cm

          70-70cm

          90-90cm

          70-140cm

          105-140cm

          140-140cm

          180-180cm

          60-240cm

           

          これらのサイズは、定型の画仙紙、全紙や三尺×六尺の紙を均等に切ったり足したりしたサイズから生まれてきたもの。

           

          公募展などの規定サイズの定番で、書を志す人間にはとても馴染みがある一方、見慣れ過ぎていてびっくりしないサイズでもある。

           

          それはそれと、受け入れればいいものの、それら業界内で“常識”や“普通”と思われているものと自分における“今”と擦り合わせ、必要があれば闘いたくなってくる。

           

          思い立ったら、とことんまで抗う。

           

          自分なりの“解”が導き出されるまで突き進む。

           

          もし自分や作品に個性や新らしさ、魅力があるとするならばこの辺に他人とは違う秘密があるのだと思う。

           

          先生も教えてくれない、教科書にも書いていない、そんな自分流のコードをずっと探し求めてきたし、その結果がその人となりの作品となる。

           

           

          ここのところ、その一般的なサイズから如何に外れて行くかが一つのテーマとなっている。

           

          1cmでも長かったり短かったら新しい。

           

          何かが変わると信じている。

           

           

          これらの企画サイズというものは、日本や書を象徴した数値といえよう。

          家屋や部屋の大きさ、襖や扉、天井までの距離などは、古より永い時を経て日本人の身長や体格に心地良いようにはじき出された最大公約数な数値だからだ。

           

          しかし、100年前の日本人と現代の日本人では体格も考え方も全く違し、建物もデザインもかなり違う。

           

          かつての最大公約数は、現代において決して心地良い数値や作品サイズとは限らない。

           

          2013-14年、金沢21美で発表した「不死鳥」(750-1100cm)「行行」(700-1200cm)、このレベルの平面作品を飾れる壁を持つ美術館は日本のみならず世界中にもそうそうない。

           

          超大作ならぬ“超超大作”というべきか、平面芸術における作品サイズやスケールへの大きな挑戦となった。

           

          どこまで大きくできるか。

           

          そして、ただ大きいだけではなく、大きな空間をフルに支配できるかが大きな課題であった。

           

           

           

          そんな作品のサイズ感との葛藤の中から生まれた疑問があった。

          「書の作品は何で四角形何だろう。それも何千年も?」

          サークルワークスという丸い作品のコンセプトの誕生だった。

           

          そして実行に移し、第一弾作品が昨年発表した作品「有」。

           

           

          書を志す者は無意識に、そして何の疑問もなく四角い紙を使う。

          先ず誰もが、紙の四隅を意識した上で求める表現と筆を走らせる。

          もし四隅を取っ払った丸い紙に変えたら、表現はどう変わるんだろう。

          観る人のみならず作り手である自分も含めて、、、

          そんな子供みたいな疑問からサークルワークスが生まれた。

           

          墨が黒っぽいせいか、このサークルワークスは太陽というよりかどちらかというと「月」を連想させる。

          月に掛かった雲。

          雲月。

          月のクレーターなど、、、

           

          ○いと、角が立たないと言いますが、なぜか丸い作品の前に立つとなぜか心が落ちつき、観る人の目に様々な幻想や錯覚を感じさせる。

           

          四角の作品からは出し得ない魅力、面白さ、可愛さ、丁寧に研究していこうと思う。

           

           

           

           

          ■柿沼康二書展 「NOWNESS 2017」

           

           

          会期:2017年4月30日(日)− 5月4日(木) 14:00-18:00

           

          内容:「NOWNESS - 今- 」「 五大(地・水・火・風・空)」「一」などをテーマとした新作約30点(小中作品)を発表予定。

           

          会場:MIDORI.SO2 ギャラリー 〒107-0062東京都港区南青山3-13(地下鉄表参道駅「A4出口」徒歩2分)

           

           

           

           


          柿沼康二書展 「NOWNESS 2017」

          0

             

             

             

            柿沼康二書展 「NOWNESS 2017」

             

             

            会期:2017年4月30日(日)− 5月4日(木) 14:00-18:00

             

            内容:「NOWNESS - 今- 」「 五大(地・水・火・風・空)」「一」などをテーマとした新作約30点(小中作品)を発表予定。

             

            会場:MIDORI.SO2 ギャラリー 〒107-0062東京都港区南青山3-13(地下鉄表参道駅「A4出口」徒歩2分)

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            7時間でスクワット700回

            0

               

               

              先日、四曲屏風の制作に入った。

              屏風作品は久しぶりであった。

              近年テーマとして追求している「春夏秋冬」の屏風版、この2、3年で少なくとも大小合わせ3000枚は書き込んでいる素材だ。

              全紙(70-138cm)を4枚横に並べ、全体のバランスを考慮しながら書いては壁に吊り、また書いては壁に吊る。その連綿たるや気がつくとご飯も食べずに7時間書き続けていた。ずっとじっとりと額に汗をかきながら動き続けていたようだ。

               

              制作の数日前からランニングや筋トレを意識しながら増やし、体を作っていくのが私流。

              大作には大作用の準備、持久戦用にはそのようなトレーニングを組む。

              今回も同じであった。

               

              が、しかし、それは“そのつもりだった”というのが正しく、正直四曲屏風の制作がこんなに体力を消耗するとは思っていなかったのだ。

              まだ巨大スタジオのポテンシャルに体が追いついていないとも言えよう。

               

              翌日から体が悲鳴をあげた。

               

              これは驚くことではない。翌日であるからこそ、その体に鞭を打ちランニングに出るのが私の処世術。

               

              すると大体翌日にはコリがほぐれ日に日に体が楽になってくるものだ。

               

              今回もそのつもりで翌日走りに出たものの、日に日に体がバキバキに凝り始め、歩くことも困難なほど追い込まれた。

              そして藁をも掴む思いで8年通い続けている大川カイロプラティックとごし銀座院の先生の元へ転がり込む。

               

              戸越に向かう途中、制作を顧りみた。

               

              今回、7時間の間に約100枚の全紙を使用した。

               

              四曲屏風、概算で25ラウンド。

               

              その意味は、単純計算すると、紙を拾って設置するのにスクワット2回×100=200回。

               

              全紙1枚四隅に文鎮が4つ必要で、4個の文鎮を拾って設置するのに少なくみてもスクワット2回×100枚=スクワット200回

               

              書き終わって全紙一枚を固定するための文鎮4つを取り払うのに、1枚に付きスクワット2回×100枚=スクワット200回。

               

              書いた後の作品を壁に吊るのにスクワット1回×100回。

               

              その他、制作時の中腰やら準備や片付け、掃除とあり、それを加えなくとも

               

              7時間の間に少なくともスクワット700回!

               

              求める作品を制作するという行為と集中、そのB面には鬼のような運動量が隠されている。

               

              じっくりじっくり7時間かけて700回のスクワット。

               

              考えただけでも恐ろしい。

               

              やれと言われてもやりたくもないし、むしろ無理。

               

               

              大川カイロプラクティックセンターとごし銀座院安藤先生の施術

              以前「殺される〜」「お母さ〜ん」と叫んだことがあるくらい痛い。

              しかし、術後の痛み、異変、翌日の揉み返しなど一切ない。

              体幹を整え、血行を良くし、自己治癒力を高めて頂く。

              術後は体が軽くなり、歩くことすら楽しく感じる。

              今回も何もなかったかのように元に戻していただいた。

               

              柿「先生、何か良いトレーニング法とかありますか」

              先生「7時間かけてスクワット700回の為のトレーニングはないです!根性だけです!頑張ってください!」

               

              おしまい。

               

               

               

              JUGEMテーマ:アート・デザイン

               


              ある壁との出会い

              0

                 

                 

                 

                 

                ある壁との出会い。

                 

                遡ること約一年半前、友人が所属するクリエーター集団「Midori-so2」を表敬訪問した。

                 

                その際、隣に面白いギャラリーがあるとききつけ、ついでに見せてもらった。

                 

                決して大きくはないが、表参道駅から徒歩2分というロケーションの良さ、余計な装飾がなく真っ白い空間、細長い作りのそのギャラリーが気に入った。

                 

                ギャラリーを含む建物の前には広場が広がり、様々な飲食スタンドが店を構えとても開放的な印象だった。

                 

                それが今回開催する個展会場MIDORI SO2 ギャラリーである。

                 

                 

                昨年末に制作した「五大 —地・水・火・風・空—」、170×97cm5点セット。

                 

                これを固まりとして絶え間なく展示する上で大きな壁が必要で、MIDORI SO2 ギャラリーの10.5mの壁を思い出した。

                 

                再度、会場を見せて頂き、この度の個展を開催する運びとなった。

                 

                 

                これまでの個展、展示、イベントの活動は、企業や美術館、ギャラリーとコラボレーションがほとんどであったが、それらとは別の意味で自己発信型の新たな展示ができないものかと思い立った。

                 

                 

                開場時間も、14:00-18:00までと大胆な時間帯としていましました。

                (何卒ご了承とご留意のほどよろしくお願いいたします!)

                 

                残念ながら大作を展示することはできないが、この数年間で制作した新作約30点の発表を予定している。

                 

                「今」シリーズ

                「五大 —地・水・火・風・空—」シリーズ

                「サークルワークス」

                「一」シリーズ

                「こころ」シリーズ

                「春夏秋冬」シリーズ 他

                 

                昨今の傾向として自分にとって普遍的なテーマや素材を徹底的に追求し、シリーズとして体系付けようとしている。

                 

                 

                 

                柿沼康二書展 「NOWNESS 2017」

                 

                会期:2017年4月30日(日)− 5月4日(木) 14:00-18:00

                 

                内容:「NOWNESS - 今- 」「 五大(地・水・火・風・空)」「一」などをテーマとした新作約30点(小中作品)を発表予定。

                 

                会場:MIDORI.SO2 ギャラリー 〒107-0062東京都港区南青山3-13(地下鉄表参道駅「A4出口」徒歩2分)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                2017年4月5日(水)発売「走るひと4」 柿沼康二インタビュー&ポートレート(全14P 掲載)

                0

                   

                  2017年4月5日(水)発売「走るひと4」 

                  柿沼康二 インタビュー&ポートレート(全14P 掲載)

                   

                  『走るひと』について
                  東京をはじめとする都市に広がるランニングシーンを、様々な魅力的な走るひとの

                  姿を通して紹介する雑誌です。いま、走るひととはどんなひとなのか。プロのアス
                  リートでもないのになぜ走るのか。距離やタイム、ハウツーありきではなく、走るとい
                  う行為をフラットに見つめ、走るひとの個性や内面を深掘りし、数年前とはひとも景色
                  もスタイルも明らかに異なるシーンを捉えます。アーティストやクリエイター、俳優な
                  ど、各分野で活躍する走るひとたちの、普段とは少し違った表情や、内面から沸き上が
                  る走る理由。もはや走ることとは切っても切れない音楽やファッションなど、僕らを走
                  りたくてしようがなくさせるものたちを、紹介します。
                   

                  媒体名: 走るひと4 (HASHIRUHITO 4)
                  ISBN : 978-4-907301-40-8
                  発売日: 2017年4月5日(水)
                  仕様: 208p/A4変形
                  価格: 1,200円+税
                  企画編集: 走るひと編集部(1milegroup株式会社)
                  発行: 1milegroup株式会社

                   

                  https://twitter.com/hashiruhito_jp ( @hashiruhito_jp )

                   

                  https://instagram.com/hashiruhito.jp ( @hashiruhito.jp )

                   

                   

                   

                   


                  NHK大河ドラマ「風林火山」NHK-BSプレミアムで再放送

                  0

                     

                    「風林火山」

                     

                     

                    孫子十六兵法

                     

                     

                    「空・水・花・土」

                     

                     

                     

                    NHK大河ドラマ「風林火山」(2007年)がNHK-BSプレミアムで再放送されます。

                     

                    2006-2007年、いろいろありました。

                    2006年4月、母が他界した直後に突如依頼されたこの題字、プリンストン大学客員研究員としての招聘の直前に母への鎮魂と祈りを込めて仕上げた作品です。

                    また、2013-14年に開催されました金沢21世紀美術館での個展にも展示されました。

                     

                    オープニングに使用されました「孫子十六兵法」は、どうしてもプリンストンへの渡米前に仕上げることができず、アメリカで制作された思い出深い作品です。

                     

                    「空」「水」「花」「土」は、現在四曲屏風作品となり、セールスフォース社CEOであるMarc Benioff氏のサンフランシスコのご自宅に飾られています。

                     

                    全50話中の49話には、音楽を担当された千住明氏と柿沼が侍役でほんの少しだけ出演しております。

                     

                    「おー、すまん。」の台詞。笑

                    (当初は台詞無しの予定だったのですが、、、)

                     

                    ドラマの方は、言わずもがな素晴らしい内容に仕上がっています。

                     

                    「風林火山」

                    【放送予定】

                    2017年4月2日(日)より 全50回

                    毎週日曜日 正午から

                    BSプレミアム

                     

                    https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/90000/263024.html

                     

                    【原作】

                    井上靖

                    【脚本】

                    大森寿美男

                    【音楽】

                    千住明

                    【出演】

                    内野聖陽 市川猿之助

                    GACKT 柴本幸

                    池脇千鶴 清水美沙

                    佐々木蔵之介 谷原章介

                    田辺誠一 佐藤隆太

                    金田明夫 浅田美代子

                    風吹ジュン 加藤武

                    藤村志保 竜雷太

                    千葉真一 緒形拳

                    仲代達矢 ほか

                     

                    【内容】

                    戦国最強と謳(うた)われた武田騎馬軍団。

                    希代の名将・武田信玄を陰で支えた男がいた。隻眼の軍師・山本勘助である。

                    勘助に支えられた武田軍は天下取りの足掛かりを求め信濃へ侵攻する。やがて宿命のライバル・上杉謙信とあいまみえることになる。そして、戦国史上に残る川中島の決戦で武田・上杉両軍が激突する。

                    一介の浪人から武田家の軍師に上り詰める山本勘助と夢、野望、そして愛を描く本格戦国絵巻。

                     

                    【初回放送】

                    2007年1月7日から

                    総合にて放送

                     

                     

                     


                    GW柿沼康二個展開催@表参道

                    0

                       

                       

                       

                       

                      チラ見せではありません。

                       

                      こういう作品です。

                       

                      ”赤子の手”とでも名付けようかな。

                       

                      A baby says like "Follow me !!"

                       

                      大作への挑戦をずっと続けてきた反動というか、

                       

                      大きい vs 小さいは、実は表裏一体なのか、

                       

                      小さい世界にも挑戦を始めている昨今です。

                       

                       

                      ゴールデンウィークに表参道で個展予定で現在動いております。

                       

                      徐々に情報を開示していきますので4649お願いいたします!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                           
                           

                      RSS・ATOM配信希望の方は下記より登録ください。

                      柿沼康二ブログ:書家・書道家・現代美術家

                      Koji Kakinuma (c)Douglas Benedict
                      (c)Douglas Benedict


                      柿沼康二(カキヌマコウジ)。書家・書道家・現代美術家。 1970年栃木県矢板市生まれ。5歳より筆を持ち、柿沼翠流(父)、手島右卿(昭和の三筆)、上松一條に師事。東京学芸大学教育学部芸術科(書道)卒業。2006-2007年、米国プリンストン大学客員書家を務める。 「書はアートたるか、己はアーティストたるか」の命題に挑戦し続け、伝統的な書の技術と前衛的な精神による独自のスタイルは、「書を現代アートまで昇華させた」と国内外で高い評価を得る。2013年、現代美術館において存命書家史上初となる個展を金沢21世紀美術館にて開催。発表作品「不死鳥」(1100×750cm)、「一 (BOSE ver.)」(270×515cm)が同美術館のパーマネントコレクション(収蔵)となる。2013年春の東久邇宮文化褒賞、第1回矢板市市民栄誉賞、第4回手島右卿賞。独立書展特選、独立書人団50周年記念賞(大作賞)、毎日書道展毎日賞(2回)等受賞歴多数。NHK大河ドラマ「風林火山」(2007)、北野武監督映画「アキレスと亀」、角川映画「最後の忠臣蔵」等の題字の他、「九州大学」「九州大学病院」名盤用作品等を揮毫。 NHK「トップランナー」「趣味Do楽 柿沼康二 オレ流 書の冒険」「ようこそ先輩課外授業」「スタジオパークからこんにちは(2回)、MBS「情熱大陸」、日テレ「心ゆさぶれ! 先輩ROCK YOU」、BOSE社TV-CM等に出演。 伝統書から特大筆によるダイナミックな超大作、トランスワークと称される新表現まで、そのパフォーマンス性は幅広く、これまでNYメトロポリタン美術館、ワシントンDCケネディセンター、フィラデルフィア美術館、ロンドン・カウンティーホール、KODO(鼓童)アースセレブレーションなど世界各地で披露され好評を博す。現在、柿沼事務所代表取締役社長兼所属書家。

                      =WEB SITES=

                      書家/アーティスト 柿沼康二 公式Webサイト
                      書家/アーティスト 柿沼康二 エッセイ集「字書きの泡。」
                      柿沼事務所オンラインショップ
                      株式会社柿沼事務所

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      作品集

                      金沢21世紀美術館「柿沼康二 書の道“ぱーっ”」カタログ
                      KOJI KAKINUMA "Exploring Calligraphy"


                      →→書籍詳細


                      TARO100祭記念出版
                      「岡本太郎vs柿沼康二 TRANCE-MISSION」

                      本書は、太郎vs柿沼の本であると同時に、 いわば前代未聞のタイポグラフィvs肉筆文字の本である。


                      →→書籍詳細


                      柿沼康二の作品をまとめた初の本格作品集「柿沼康二 書」。
                      東洋経済新報社より発売中です。

                      「この人の作品、狂ってるわ」
                      〜北野武

                      初の本格作品集 「柿沼康二 書」
                      →詳細を読む

                      柿沼康二精選羊毛筆

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 不死鳥」

                      開発期間2年余り、
                      細微な羊毛を使用した逸品。
                      柿沼の臨書及び創作用筆。
                      半切2行書き作品にも
                      不死鳥
                      購入する

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 澄心(ちょうしん)」

                      細線、線の細かさ、かすれを
                      生かした臨書及び創作に適した
                      上級者向けの逸品
                      澄心
                      購入する

                      柿沼康二精選羊毛筆
                      「壱型 心花(ときめき)」

                      「壱型 澄心」を一回り小さくし
                      書道中級者から上級者まで
                      より使い易く改良を加えました

                      購入する

                      柿沼康二推奨初級者向け
                      兼毫筆「かき★★かき」

                      小さなお子様から書道初心者
                      でも使いやすい、
                      上質の羊毛にヒゲ(羊の尾の毛)をブレンド
                      柿沼康二推奨初級者向け兼毫筆「かき★★かき」
                      購入する

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      Leave Home
                      Leave Home (JUGEMレビュー »)
                      The Chemical Brothers

                      recommend

                      Flaunt It
                      Flaunt It (JUGEMレビュー »)
                      Sigue Sigue Sputnik

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      LIVE!YES,E-EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1997-
                      LIVE!YES,E-EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 1997- (JUGEMレビュー »)
                      矢沢永吉, 高橋研, 秋元康, 相澤行夫

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      SUPERSONIC GENERATION
                      SUPERSONIC GENERATION (JUGEMレビュー »)
                      布袋寅泰, オフラ・ハザ, 森雪之丞

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      1999
                      1999 (JUGEMレビュー »)
                      Prince
                      なぜか彼が好きな人と仲良くなる。現代のファンク・スター。パープル・レインはオリジナル・テープやイベントに必ずかけます。私のエンディング・テーマです。

                      recommend

                      Solid State Survivor
                      Solid State Survivor (JUGEMレビュー »)
                      イエロー・マジック・オーケストラ
                      20年も前の曲なのに、少しも古くさくない。当時、仮説をたて創り出したであろう近未来感覚はサイバー・テクノとでも言うのであろうか?ヤッパ、スゲー!よ、これって!!!

                      recommend

                      Shaft
                      Shaft (JUGEMレビュー »)
                      Isaac Hayes
                      70年代のブラック・ムービーの定番。「ウワァカパン ウァカパン パララララ パララララ・・・」っつうのがタマラン。NYでのDJの友人が好きで良くかけてた。このレコードは見付けるのに苦労した。推薦盤!

                      recommend

                      Physical Graffiti
                      Physical Graffiti (JUGEMレビュー »)
                      Led Zeppelin
                      ロバート・プラント,ジミ―・ページ,ジョン・ボーナム,ジョン・ポール・ジョーンズの4人が醸し出す音楽は強烈かつ崇高。なぜかアメリカ地についた瞬間「IMMIGRANT SONG」が頭の中で鳴り響いていた。街を歩いては「HEART BRAKER」を背負い、恋をしては「YOU SHOKE ME」で●●●を想像した。「不良の色気」・「背徳」を感じる。

                      mobile

                      qrcode

                      PR

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                         

                      Other

                           
                    • 管理者ページ